SpringでMongoDBを操作する

今回はSpringでMongoDBを操作します。

インストールにはこちらの記事を参考にしてみてください。

サンプルコードはこちらに上がっております。

1. dependencyにmongo-starterを入れる

dependencyに、mongoDBのスターターセットを追加します。

 

2. mongoRepositoryと、Entityクラスを作成する。

Jpaと同様に、Repositoryインタフェースと、collectionを表現するEntityクラスを作成します。

今回は、例として以下のようなコレクション群を用意し、それに対応するEntityクラスを作成します。

 

以上で、Repository層の実装は完了です。実際にアプリケーションを動かしてみましょう。

3. アプリケーションを動かす

実際にアプリケーションを動かしてみます。今回は以下のような実装をしました。

実際に起動します。

無事、値が取得できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です