定期的なBatch処理を実装する

今回は、SpringBootでバッチ処理を実装するサンプルを記述します。

サンプルコードは以下に置いてあります。

1.EnableSchedulingでバッチ処理を有効にする

まず、@EnableScheduling をメインクラスに付与します。

 

これでスケジューリング機能が有効になりました。

次に、実際にスケジューリングしたい実装を記述します。

2.scheduledを使って、定期実行したい処理を記述する。

@Component を付与し、DIコンテナに登録されたbeanクラスに、

@scheduled アノテーションを付与したメソッドを実装します

①のように、数秒毎にメソッドを実行することもできれば、②のように、ある特定の時間にメソッドを実行させることもできます。

3. アプリケーションを実行する

アプリを起動させると、定期的にメソッドの中身が実行されるのが確認できるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です